中学受験で無理をしすぎないことが大切ですね

息子は中学受験をしましたが、今までにない勉強体験に戸惑っていました。期間を決めてそこまでに自分の学力を向上させなければならないということは大きな苦しさを伴うのです。

無理をして知識を詰め込むのは疲れると言っていました。自分のペースで勉強をしたいという意見も聞きましたが、私はそれは正しいと思います。自分ができないことを子供にやらせるような大人は多いと思います。

実際に私も中学受験という早い段階から競争をするのはどうかなと感じることもあります。周囲の人達がヒートアップしていて、子供の気持ちを無視してしまっているように感じました。

最終的に立派な大人になれば良いのだと私は考えています。一人前の仕事をすることが出来てお金を稼ぎながら世の中の役に立てばよいのだよといつも子供に言い聞かせました。相手を倒すことが大切なのではなく、自分が勉強の内容を理解することが大切なんだと言いました。中学受験は点数をたくさんとった人が合格しますから、人並みの努力はしなければいけないけれど、それが全てではないのだよと言って子供の緊張を和らげようとしたのです。無理しすぎて高校入試の時にやる気が無くなっても困りますから、それだけは避けなければならないと感じました。